オンラインサロン「ライフハック研究所」

感情をコントロールするには?

感情は自分との対話によってコントロールすることができます。
これができるようになると
”自分の人生を自分でデザインしやすくなる”
”結果をより確実に出していける”
などなど、夢や目標に近づくことができてしまうみたいです!

◆結果を出していくには
まず、結果を出すために結果を司っているものとは何でしょうか?
それは”行動”です。
大量結果=大量行動
という言葉があるように、いっぱい痩せたいならいっぱい運動しなければならないということ。

しかし、頭ではわかっているけどなかなか行動ができないときってありますよね。
では、そんなときはどうしたらいいのでしょうか?

やる気のスイッチをONにしたいなら自己肯定感を上げることが大切です。

◆自己肯定感を上げるには?
自分とした小さな約束を達成していくことが重要です。

例えば
・寝る前に洗い物は片付ける
・朝起きたらベッドを整える
・家を出る前に花瓶の水を替える

などといった小さな約束を達成をしていくことによって
今日もできた!3日続いた!
というように段々と自己肯定感が上がり、やる気もどんどん出てきます!

◆行動量を上げるには?
”人は感情の生き物である”
という言葉があるように、行動を司っているものは感情です。
感情をコントロールすることにより、自然と行動にも繋がってきます。

〇〇しないといけない で動くよりも
〇〇したい で動くのとでは、後者のほうがやりたくてやっているので止まらずになるまでやりますよね。
なのでメンタルの強い弱いではなく、感情やエネルギーの高い人が達成していくことが多いのです。

しかし、人間には元に戻ろうとするホメオスタシス(恒常生)が働くことにより変わりたいと思っても、いつもと同じことを繰り返してしまうのです。

◆感情をコントロールするには?
感情を司っているものは意味付けです。

同じ出来事が起こっても、意味の付け方によって捉え方も変わってきます。
私達は無意識のうちに、意味のスッテカーを常に貼り付けているのです。

アドバイスを貰ったことに対し
「あぁ、私のここがダメだったんだ」
とちょっと落ち込んだとしても、そのマイナスなステッカーを剥がして、
「うわぁ!すごいいいこと聞いちゃった!これができるようになったら私すごいかも!」
というスッテカーに張り替えてみてはどうでしょうか??

同じアドバイスを貰ったとしても、自分がつけている意味付けのスッテカーが違うだけで感情が大きく変わっていきます。

意味付けの質が人生の質を決める というように
意味付けの質が上がるだけで、人生の質も上がっていきます♡

まとめると…
意味づけによって感情が上がる
→やりたいって思い行動する
→大量行動ができるようになり結果に結びつく
というようなメカニズムになっているのです。

話を聞くときにも、行動に注目するのではなく
なぜその行動をしたのか?という意味を知ることが大切になっていきます。

失敗ではなく経験を積んだ
というように、日々の生活の中で無意識にしている意味付けを意識してみて、思い通りの人生にしていきましょう♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です